ハンター

第五人格 「ハンター編」リッパージャックの特徴・使い方

rukkora
rukkora
こんにちは。今回は第五人格で不動の人気ハンターでもある「リッパー」の特徴や使い方について解説します!

リッパージャックの基本性能

霧に隠れて透明化!形態変化

存在感0 「寒霧」


外在人格でも説明しますが、リッパーは存在感0の状態から「霧の刃」を使うことができます。詳しくは外在人格の部分を見てください。

これが「霧の刃」を使える状態です。

攻撃モーションをすると刃を直線状に飛ばして、サバイバーにあたると1ダメージを与えられます。

「霧の刃」の強いところは障害物を貫通して攻撃できることにあります。
すべての障害物を貫通できるわけではないので貫通できる障害物を把握することが即ダウンのコツです!

存在感1000「霧に隠れる」


リッパーの形態変化は存在感1000から発動します。

存在感1000で得られる「霧に隠れる」はリッパーが移動中や立ち止まっている間、時間がたつと自動的に透明化していきます。

この透明化は攻撃・板壊し・窓乗り越えなどのアクションをすることで解除され、次の透明化までクールタイムができてしまいます。

リッパーの向いている方向の赤い光やうっすら透明になっていることはサバイバーから分かりますが、透明になることでサバイバーは目視でリッパーの位置を把握しにくくなります。

存在感2500 「幽暗に隠れる」


存在感2500で得られる「幽暗に隠れる」は時間で透明化するだけでなく、透明化中は移動速度が上昇するという優れものです。

移動速度が上がるのはチェイスにおいて大きなメリットになるので板や窓枠をむやみに使わないことで透明化を維持するという選択も必要になってきます。

霧の刃で遠距離攻撃!外在特質

リッパーの強さの理由がこの外在特質「寒霧」にあります。

文面だけ見てもよくわからないと思うので一つずつ見ていきます。

強さの秘訣!霧の刃

リッパーは一定時間で「霧の刃」を使えるようになります。この「霧の刃」はリッパーの左手に霧をまとった状態になるので見ても分かりやすいです。

この「霧の刃」はリッパーが攻撃モーションをすると消費し、直線状に「霧の刃」を飛ばします(遠距離攻撃)。この「霧の刃」がサバイバーにあたると1ダメージ与えることができます。

霧エリアで即透明化!

「霧の刃」を打つとその経路に霧の道(霧エリア)ができます。

またサバイバーに「霧の刃」が当たると当たった場所からサバイバーの足跡のように霧の道が続きます。


↑サバイバーに「霧の刃」が当たった後
この「霧エリア」を通るとリッパーの「霧に隠れる」までのクールタイムが早まり、移動速度もあがります。

リッパーの使い方

ゲーム序盤

序盤から「霧の刃」を使うことができるので、早めにサバイバーをダウンさせて存在感をためましょう。

序盤は「透明化」も「移動速度アップ」もないので「霧の刃」は確実に当てられる場面に使うと効果的です。(サバイバーの板乗り越えモーション後など)

ゲーム中盤

存在感が1000たまると「透明化」できるので存在感2500を目指して攻撃続行です。

救助狩りは「霧の刃」→通常攻撃で2ダメージになるので1発目は遠距離から、2発目は通常攻撃になるようにしましょう。

ゲーム終盤

存在感2500では「霧のエリア」で移動速度がアップするので、直線の道であれば「霧の刃」を打ってその霧の道を進むことで移動をスムーズにできます。

サバイバーに霧が当たった道を通っても透明化が加速するので「霧のエリア」は有効活用しましょう。

長距離移動は向いていないので、ゲートからゲートに行く場合は瞬間移動を採用しましょう。
ただ「霧の刃」の壁抜きをする場合は監視者にすることで当てやすくなります。

リッパーは強いのか?

存在感ゼロの時点で「霧の刃」を打てることや「透明化」「移動速度アップ」など優秀な能力が備わっているので実装時から現在に至るまで強いハンターです!

板を倒されても遠距離の「霧の刃」で攻撃をあてることができるのが強みです。

ただサバイバーも後ろを見ながらのチェイスや「透明化」を解除するチェイス(窓枠をうまく使う)など対策もできるので、「霧の刃」の読みあいが重要です。

おまけ

リッパーは衣装がどれもかっこいいです。
中でも期間限定の「死神リッパー」は人気でついこの前に再販もありました。

3回目の復刻も可能性があるので、携帯品の「ソールイーター」と合わせて入手しておくことをおすすめします!

まとめ

・遠距離攻撃の「霧の刃」・「移動速度アップ」・「透明化」が強い!

・「霧の刃」はサバイバーとの駆け引き・読みあい。

・衣装がかっこいい!

こちらの記事もおすすめ!